個人も差別化する時代。

この記事の所要時間: 13

今日、名古屋の行政書士事務所が倒産したとのニュースがあった。

士業は昔に比べて、資格があるだけでは食べていけない時代になったと聞いていたが、やはりそれは現実だったわけです。

税理士や社労士も、同じように厳しいと言われている。

でも、それは士業以上に参入障壁の低い業種はもっと生き残るのが厳しいと言えるわけです。

結局のところ、競合がいないブルーオーシャンというのはほとんどありえません。

多かれ少なかれ競合がいるわえで、生き残るには差別化が必須となります。

サラリーマンとて同じです。

終身雇用の時代は終わり、いつなんどき企業の枠から放り出されるかわかりません。

そうなったときに、すぐに就職先が見つかるだけの能力は備えているでしょうか。

個人も差別化できていないと、望むような職には簡単つけないのです。

差別化は、もはや経営者だけでなく、士業も個人も必要な時代が来たといえます。

自分は大丈夫なんて考えている人が一番危険かもしれません。

安定はいつ失われるか分かりません。

いつ失われても生き残るための差別化ができているように、今から自己投資しておきましょう。

あなたが持っている、他の人が持っていない能力は何ですか?



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA