Currently browsing author

藤浦 隆雅, Page 2

僕の好きなキャラメルはニーパンケーキ

パンケーキ流行から考察する、ムーブメントの起こし方。

この記事の所要時間: 138

ムーブメントは不思議なもので、良い商品だから必ず起こるとはいえません。

良い商品が注目されることもなく消えていったこともあれば、
よくよく考えてみたら大した商品じゃないのに流行ることもあるわけです。

労働体験ではなく、非労働体験ができるサービスが欲しい。

この記事の所要時間: 138

当たり前のことに気づくことは難しい。

当たり前のことに感謝しなさいと言われるが、
実際になってみないかぎり、想像の域を出ないわけなので、
本当の感謝はやはりできないわけです。

病気になって初めて健康のありがたさに気づき、
仕事を失って初めて仕事のありがたさに気づく。

人はそんなものだと思います。

反省ブログ。

この記事の所要時間: 053

朝を有効活用するためにはじめた朝ブログでしたが、
本日の朝にブログを書くことができませんでした。。。

先ほど、「そういえば、今日ブログって書いたかな?」
と思い履歴を確認してみたら、やはり書いていませんでした。。。

早朝の活用が人生を楽しくする。

この記事の所要時間: 122

早朝の電車の中でのブログ更新。

今日は、早朝より学生さんとの共同プロジェクトのMTGがあるため、
6時11分の電車で名古屋に向かっています。

5人でやっているプロジェクトであり、学生もいれば社会人もいるという、
様々な環境の人が集まっているため、MTGするにも時間調整が難しいわけです。

やってもいないのに駄目と決めつけない。

この記事の所要時間: 14

やってもいないのに、駄目だと決めつけることってありますよね?

私もよくあります。

なぜそうしてしまうかと考えてみると、
自分がやりたくないと思うから、駄目だと決めつけているだけなのです。

やってみたら、駄目ではないかもしれないにも関わらず、
どうせ駄目だろうと考えることで、正当化しているわけです。

謙虚すぎる人

謙虚な「お願い下手な日本人」から脱却する。

この記事の所要時間: 125

人にお願いされることはうれしいことです。

それがあまりにも無茶なお願いであったり、
お願いする人のあまりにも利己的な考え方だったりすると、
ときにはうれしくないこともあります。

ですが、基本的に人は必要とされたい、頼りにされたいと思っているため、
お願いされることはうれしいと感じます。

お金は偶然手に入るんじゃない、お金に見合う人に集まるんだ。

この記事の所要時間: 111

この記事の所要時間: 約 1分11秒 「宝くじで3億円当たったらどうする?」「とりあえず、仕事やめるね。」 などという会話は良く聞きます。 でも、既に年間で3億円以上稼いでいるような人は、たとえ3億円稼いでも、仕事をやめ …

そのために、具体的に何が一番したいのかを考える。

この記事の所要時間: 218

「そのために、具体的に何が一番したいのですか?」と聞かれたとき、
即答できないということは、まだまだブレているということです。

「何がしたいのですか?」という質問に対し、
抽象的に「こんなことしたい」と答えることは簡単です。

それは、抽象的な表現であるため、何とでも言えるからです。