脇役一人ひとりの意識が高く、意識統一されている。

この記事の所要時間: 134
ディズニーシーのちょっとしたショー
ディズニーシーのちょっとしたショー

 

 

今日は、昨日に引き続き、デズニーリゾート2日目。

昨日はランドだったので、今日はもちろんシーに。

当初天候が怪しい予報でしたが、午前中に少しだけパラっときましたが、
昼前から日差しが出てきて、午後は日焼け止め必須の良い天気。

自称晴れ男だと思っていますが、今日も悪くない天気でした。

昨日今日デズニーにいて(とういうか毎回)思うこと として、
ちょっとしたショーでも見ごたえがあるということ。

はっきり言って、はずれのショーを見たことありません。

その理由は何かと考えてみると、やはり1人1人が全力だということだと思います。

正直、メインのショーでメインキャラクター以外であれば、
気持ちのどこかに「自分はおまけみたいなものだから」
という感情が芽生えてもおかしくありません。

そして、自分のことは誰も注目していないから、
少しくらい手を抜いてもいいと思ってしまいそうなものです。

ですが、デズニーの場合は、脇役一人ひとりが全力で、
けして手を抜くことなくやっているのです。(推測)

ですから、どんなショーを見ても、見ごたえがあるのだと思えます。

こういったキャストを含む全員の意識が統一できているから、
夢の国にみんなが夢中になれるのでしょう。

こういった姿勢は、デスニーのキャストに限らず、
会社でもプライベートでもどんなことにも必要なことだと思います。

自分がどんな環境、立場であっても全力を尽くすこと。

これが成功に不可欠な事だということです。

デズニーは何度行っても、勉強になります。

誘ってくれた嫁に感謝ですね!



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA