大人は理性を被っている赤ちゃん。

この記事の所要時間: 15

子供の頃思っていた「大人」と、実際に自分がなってみた「大人」って全然違いますよね?

子供の頃って、「大人」って雲の上のような存在でしたが、
いざなってみると、「ただ理性を被っている赤ちゃん」なんですよね。

つまり、人の本質なんて大差ないんじゃないですかね?

ただ、感情をコントロールするのが上手になっただけって感じ。

赤ちゃんがイラッとくるようなことは、大人になっても心の中ではイラッとするけど、
それを表に出さないだけではないでしょうか。

例えば、赤ちゃんがちょっと不快になれば嫌な顔をして、ちょっと笑顔を見れば笑うように、
大人も(心の中では)嫌な顔をして、(心の中では)笑うと思うんです。

そう思うと、本質的には大人に対しても赤ちゃんのように接することが正しいのかな?とも思えます。

それは赤ちゃん向けの言葉づかいをするというわけでないですよ…

相手が怒りを表に出したら「今回は感情のコントロールに失敗」したんだな。

「ニコニコして気持ち悪い」って言われても、こちらから笑顔を見せよう。

とか、そんな接し方をね。

大人も、もっと根底にある感情と向き合うってことが大切なんじゃないですかね?

感情にコントロールされた上っ面の付き合いなんてほどほどに。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA