今年は「進取果敢」に進撃する。

この記事の所要時間: 128

進取果敢

20年ぶりくらいに書き初めをやってみました。

筆と墨汁が無かったのですが、気分を出すために一応筆ペンで。

今年の言葉は色々と考えて結果、「進取果敢」に。

意味としては、”みずから進んで積極的に事をなし、決断力が強く大胆に突き進むさま。”となります。

今年は私にとって大きなチャンレンジの年となります。

そのため私の弱みである、積極性や行動力の欠如は致命的になると考えています。

積極的に果敢にせめても上手くいくか分からないチャレンジです。

もしそうでもしなかったら、話にもならないでしょう。

そこで、それを戒めるために、今回このような言葉を選択したわけです。

今まで書き初めなんて面倒だと考え、やろうとも思いませんでした。

それは、特に目標を明言しなくても、
いつも通りにやっていればどうにかなるという考えがあったからだと思います。

ですが、今回やろうと思いついたのは、
未知へのチャレンジをするためには書き初めをすべきだと思ったからです。

実際やってみると、今年の大きな方針が決まり、気持ちが引き締まりました。

そして、このようにブログやFacebookなどで公言することで、
その気持ちがさらに強まりました。

とはいえ、実際に年を通して、公言通りに行動できるわけではありません。

ですから、常に「進取果敢」を意識するために、部屋の壁に貼っておきました。

これにより、気持ちが弱ったとき、迷ったときに、いつでも当初の気持ちを再確認できます。

今年は、人生史上最高に果敢に攻めないといけません。

来年のこの時期に、書き初め通りに行動できたと自信を持って言えるようにします。

死ぬこと以外はかすり傷という気持ちで頑張っていきます!



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA