学ぶ前に学ぶ覚悟を決めること。

この記事の所要時間: 232

今日は、ゴールドリボン・チャリティー講演会に参加してきました。

みなさんは「ゴールドリボン」という言葉を知っているでしょうか?

正直、私はこの言葉を、このイベントに参加する前日に知りました。

ゴールドリボンとは、「小児がん」に対する理解や支援を
呼びかけるためのシンボルマークになっており、
今回参加した講演会の主催であるゴールドリボン・ネットワークさんは、
「小児がんの子供達の笑顔を」という想いで活動されているNPO法人です。

では、なぜ今までゴールドリボンという言葉さえ知らなかった私が、
こういったイベントに参加したかというと、それは共同主催者をやっていた
お友達から直接誘って頂けたからになります。

本音を言うと、参加する前は、この講演会に関心がありませんでした。

それには小児がんという病気が身近でなかったこともあります。

ですが、私の中には、これは何かのチャンスであり、
自分にとって意味のある機会だと考えて、参加することに決めたわけです。

実際参加してみて分かったことは、やはりどんなことからでも学べ、
どんな機会からも得るものはあるということです。

今回も、参加して「小児がんとその周りに与える影響について」知ることで、
自分の子供や家族にも「今の当たり前が続くとは限らない」と感じ、
子供や家族に対する接し方について深く考えさせられました。

他にも、イベント内のコンサートで歌ってくれた、
小児がんを克服しシンガーソングライターとして活躍する「より子」さんの
歌からも多くの学びがありました。

特に、「それでいいのですか?」という曲は、今の自分にピッタリで、
この曲を聴くために、参加することになったのかもとすら思えたわけです。

さらに、トークの中でも、「自分の発する言葉で、命の形が変わってしまう」
という命と向き合ってきた彼女らしい印象的な言葉も心に残っています。

もちろん、会場ではこういったイベントに参加しようと考える
意識の高い素敵な方々との出会いもありました。

このように、最初は興味が無くて参加しても、新しい興味が生まれ、
そして、それ以外にも様々な学びや出会いが得られたわけです。

最初から興味がないと決め付けてしまえばそれまでですが、
最初からどんなことからも学ぶ気持ちさえあれば、
それが当初興味が無かった内容でも多くのことが得られるわけです。

つまり、参加するときに学ぶ覚悟を持って望むかどうかということです。

もし本当に必要でないと思えることであれば、当然断れば良いと思います。

ですが迷った気持ちで嫌々参加することだけはやめてください。

それこそ時間と機会の無駄になってしまうからです。

どんなことも中途半端な気持ちでなく覚悟を持って望むべきだということです。

今日は、急遽参加することになったゴールドリボンの講演会ですが、
そこには、想像以上の学びと、多くの出会いがありました。

こんな機会を与えてくれたお友達に感謝です。

大切な事は、学ぶ前に学ぶと決める覚悟です。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA