ミスをしたら未来をどうするか決める。

この記事の所要時間: 121
ミスをおかす
しまった…

誰でもミスはある。

ミスを防止する対策をしていればミスの回数は少なくなるが、
それでも人がやることにはどうしてもミスが発生する。

さらに、関わる人が多くなればなるだけ発生する確率が飛躍的に高くなる。

関わる全ての人に同じ意識でいてもらうこと、
同じ情報を正しく共有することはとても難しい。

ミスが発生した後で、あの時こうしておけばと悔やんでも、
それはもう取り返しができないこと。

大切なのは、そのミスに対してどれだけ誠意を持ってリカバリできるか。

そして、そのミスを今後しないために、どれだけ具体的な対策をできるか。

それに尽きると思う。

もし、そのリカバリと対策案が優れたものであれば、
ミスにより信用を失った人に対して今まで以上の信頼を得ることもある。

だたしそれには、短期間では得られず、
時間をかけてそれを実現することが不可欠になる。

起こしてしまったミスは悔やんでももう取り返しがつきません。

そのときに考えることは、自分やチームを責めることではなく、
そのミスをどれだけ挽回して信用を得るためにはどうするべきか、
そのミスを再発させないために、自分やチームで何をすべきかという、
こらから先(未来)のことを決めることです。

過去のピンチは未来のチャンスと考えることができます。

ミスしてしまったことを受け入れ、それをどうチャンスに生かすかが大切なのです。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA