「頑張って」と「応援してる」の違い。

この記事の所要時間: 117

人から「応援してる」と言われると、嬉しいものですね。

今日は、つい先日知り合った方と再度お会いする機会をいただきました。

そこで、その方から「みんな応援しているから頑張らないと」と言われたので、
「そんなんですかねぇ?」とちょっと遠慮気味に返したところ、
私だって「応援してなかったら今日こうしてまた会ってないよ」と
はっきりと言われてしまいました。

正直、嬉しかったわけです。

人は、周りから「頑張って」と言われることは多いと思います。

でも、「応援してる」と比べてみるとどうでしょうか。

「頑張って」は、どこか他人事で遠い言葉に感じがしますが、
「応援してる」は、どこか親密で近い言葉だと感じます。

応援とは、現在だけでなく、未来にも繫がったイメージがあります。

私の思い違いかもしれませんが、「応援している」には、
頑張って以上の言葉の重さや責任感が伴っている気がします。

なんにせよ、この「応援している」という言葉は、
人にパワーを与え、ときには救うことができる言葉だと思います。

私も今まで「頑張って」と「応援してる」をあまり意識せず使ってしましたが、
これからは積極的に「応援してる」を選ぶように意識していきます。

最近、応援してくれる人の多さを実感することが多く、とても嬉しく思っています。

そんな人たちに応えるためにも、自分自身を奮い立たせて、
みなさんに恩返しできるようにしていきます。

そして、これからはもっと私がその人たちを応援していきたいと思います!



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA