大人も遊びの天才であれ。

この記事の所要時間: 150

子供は遊びの天才と言われています。

私も子供の頃は、限られた環境の中で、
どんな遊びができるかいつも考えていました。

それが、どんな結果になっても考えることが楽しく、
みんなで夢中になって遊んだものです。

それが大人になると、その遊びという枠組みを
超えることが少なくなってきた気がします。

それはひとつに、欲しい環境を自分で手に入れられるため、
新しい遊びの枠組みを手に入れることが容易になったこと。

そして、限られた時間の中で、過程よりも
結果を重視するようになってしまったことがあると思います。

ですが、限られた環境の中で楽しみ方を見つけることは、
大人になってもとても重要なことだと思うわけです。

例えば、仕事は限られた仕事が大半です。

いつも新規プロジェクトに関わっている人は、
ごく一部の特別な方だと思います。

そんな限られた仕事の中で、どうやったら楽しめるか、
その中でどうしたら新しいモノを生み出せるか。

そういったことを子供のときのように考えることができるか
できないかで仕事の楽しさが大きく変わってきます。

そういった姿勢で取り組める人は、
自分の中で楽しさを見出せ、新しい価値を生み出せる力を備えます。

それは、仕事を自分で楽しくでき、
さらに会社から評価される人になるでしょう。

つまり、子供の頃の「限られた環境の中でどう楽しむか」
という思考が大人になって失われてしまったために、
仕事を辛くさせてしまっているのです。

子供の頃は、誰もが遊びの天才でした。

それは、大人になった今でも、眠っているはずです。

ただ、大人になって簡単に与えられることに慣れてしまったこと、
過程よりも結果を重視するように慣れてしまったことが、
それを心の奥にしまい込んでしまったわけです。

一度、その慣れを取り除いてみてください。

取り除くために、与えられていることを知り、
結果ばかりを重視していることを知ってください。

大人になっても、限られた中で自由を見つけて楽しめることができます。

子供みたいにひとつのことに馬鹿みたいに本気で遊ぶこともできるはずです。

大人になってもずっと遊びの天才でいきましょうよ!



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA