問題について考えることを意図的にやめる。

この記事の所要時間: 12

問題があると、どうしても今(他のこと)に集中できないと思います。

ですが、今に集中できないことで、他のことに悪影響を及ぼしてはいけません。

問題なのは事象Aであって、事象Bは本来問題ではないのですから。

1つの問題が気になることは分かります。

ですがそれを考える時間は個別でしっかり作り、
それ以外の場面では、問題について考えることを意図的にやめましょう。

1つの問題を解決したいという思いが頭から離れず考えてしまうことで、
問題が2つ3つと増えてしまっては本末転倒です。

人は無意識でいると、頭が優先順位をつけて勝手に動き出してしまいます。

それは生命を守る機能としてはありがたいのですが、
効率的に物事を進めるためには、それが邪魔になることもあるのです。

そこは、あえて脳の優先順位を意識的に変更し、今に集中しましょう。

脳は、本人が考えていない時間でも、内部的には色々と処理をしています。

ですから、今に集中していても、自動で問題解決を進めているのです。

問題が気になることは当然です。

ですが、その問題が原因で他の問題を増やしてはいけません。

意図的に今に集中し、問題解決はその時間を作って集中してやりましょう!



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA