人生は、どう効率良く生きたかではなく、どう納得できるように生きたか。

この記事の所要時間: 123
真っ向からどストレートだ もう一歩も引けいない時には
何もかも全部を自分の真っ直ぐに懸けろ
ど真ん中めがけろ もう行くしかないって場面で
やり切ったんなら勝ったも負けたもないっていうのがおっちゃんの生き方

最近よく聞いている「かりゆし」の「まっとーばー」という曲のサビ。

最後の「やり切ったんなら勝ったも負けたもない」という部分は、
自分が目指している生き方でありながら、全然できていないと思っていることで、
聞いていて心にドキッとするものがあります。

自分自身、何事にも正直にぶつかっていって、
納得できるまでやり続けるような生き方をしたいと思っています。

正直、こういった生き方は、はたからみれば要領が悪いのかもしれません。

ですが、人はどう効率良く生きたかを競うわけではなく、
どう自分が納得できるように生きたかだと思うわけです。

以前の私は、どう効率良く生きるかばかりを考えていた気がします。

ですが、楽に生きてくることができたと思える反面、
これまでに「やりきった」といえるような達成感もなかったわけです。

確かに、このままでも人生は楽に終わることができるのかもしれませんが、
このまま終わると思えることに物足りなさや不安を感じるのです。

今は、まわりからどう言われようとも、自分が納得できるように生きることが、
人生を悔いなく生きるためには大切な事だと思っています。

一度の人生ですから、後悔だけはしたくはないわけです。

人生は、真っ向からどストレートで勝負して、最後までやりきる。

そうやって生きることが、自分らしい悔いのない生き方だと思います。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA