人は理論ではなく、感情で動く。

この記事の所要時間: 132

 

危うく、ブログ更新せずに眠りにつくところでした… アブな…

えーと、今日は時間が無いので手短に。

「最後に人を動かすか動かさないかを決めるのはやっぱり感情です!」

って最近思ってます。とっても。

だって、いくら正当性があっても、論理的に理解できても、

自分の心、そして感情にグイグイくるものがないと、人は重い腰を上げてくれませんよね。

グイっとこないと、よく分かった、でもまた今度ねっ。てなっちゃうわけなんです。

だから、そうさせないためには、
へー、「たしかに素晴らしいモノなんだね!」って思わせるんじゃなくて、
このモノを使うと、「こんなに素晴らしいコトが起きちゃいそうだね! ワクワクしてきた!! 今すぐにでもやりたい!!」って思わせないと駄目なんですよね。

これって、頭では分かっているつもりでも、なかなかできないんですよね…

ちょっと前も、「君の作った文章は分かりやすいし、読みやすくていいよ。」

「でも… なんというか物足りないんだよね。」

「これをやったら”ワクワク”ってなる感情が湧いて来ないだよ”ワクワク”って。」

といった感じにご指摘されちゃいました…

ほんと、ご指摘の通りすぎて、ハッとなったわけです、ハッと。

たしかに、この文章じゃ人は動かないぞって。

つまり、私のデフォルトでは、他の人が見たときにどう感じるか?って
感覚がぬけているってことですよね。

だから、もっと人に上手に伝えるには、ワクワクさせるためにはどうすればいいかを、
”意識しないと”駄目なんです!

そんなわけで、しばらくは相手をワクワクさせられているか?
ということに注視して色々やっていきます!

私が理路整然と語っていたら、「それではワクワクしないぞ!」ってご指摘ください!



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA