短期的に信用してもらうためには、長期的な信用を伝播させる。

この記事の所要時間: 121

昨日は「信頼してもらうには」ということについて考えさせれた1日でした。

やはり、実績に勝る信頼はなく、それは時間が作り上げてくれるものだと思います。

信用されている有名なブランド、お店、人、どれを取っても、
1日にして信用を得たわけではありません。

長い時間の中で、確固たる地位を築いたわけです。

ただ、そう結論付けてしまうと、信頼を得るためには、
ひたすら待つしかないということになってしまいます。

もちろん、長期的な時間を短期的に得ることはできません。

ですが、長期的な時間を擬似的に作り出すことはできると思います。

それは、既に信頼されている人からの「信頼できる」という情報だと思います。

たとえば、信頼されている人が、この人・モノは信頼できると言えば、
それだけで信用度はかなり高まるわけです。

つまり、長い時間のなかで信頼されている人に認めてもらうということです。

それは著名人であったり、新聞などのメディアであったり、
身近なところでは、仲のよい友達だったりします。

信用は伝播するものだと思います。

短期的に信用してもらうには、信用されている人に、
信用できると言ってもらうことが大切です。

そう考えたときに、信頼を得るためには、常日頃から身近な周囲の人に信頼され、
その人から信頼のバトンを広げていくことになるのだと思います。

やはり、行き着くところは、日々どんな人であるかにたどり着くわけです。

信頼を得るためには、常に信頼される人であり続けるということです。

まずは自分の周囲に長期的に信頼される努力が大切なのです。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments