過去の自分が立てた未来予想図に支配されないこと。

この記事の所要時間: 239
ぶどう狩り
ぶどう狩り

今日は1日家族サービスの日となりました。

最近、就活塾や自己分析セミナーの準備もろもろで、
1日フルで仕事をしない日を作れていませんでした。

家族でぶどう狩りに行きたいという話しを随分前からしてきたのですが、
そんな状況でずるずるに延びてしまっていたのです。

ずっと申し訳ないと思っていたので、セミナーが終わった翌日である今日くらい、
しっかり家族サービス日とすることに決め、約束のぶどう狩りに行ってきました。

ぶどう狩りなんて、いつ行ったのか覚えていないほど前に行ったきりで、
おそらく20年ぶり以上であることは間違いないと思います。

ですから、比較的近所へのぶどう狩りとはいえ、なんとなくワクワクな気分でした。

そもそも、ぶどう狩りに行くことになったのは、2歳の娘がぶどうが好きで、
食卓ではよく食べていたこともあって、それなら思う存分食べられる
ぶどう狩りにいけば、子供が喜ぶと思ったからです。

ですが、蓋を開けてみればそうは上手くはいかないもので、
子供はぶどう狩りにまったく興味がなし…

興味があるのは、ぶどう狩りの農園に備え付けの遊具や乗り物、川遊びです。

結局、3時間近くいたと思いますが、子供が食べたのは5粒程度で、
まったく予想外の展開となってしまいました。

とはいえ、ぶどうを思う存分食べてもらうことよりも、
そのぶどう狩り農園が楽しかった思い出になってくれれば、
別にそれが遊具でも乗り物でも川遊びでもいいわけです。

ですから、仕事を忘れて家族でゆっくりとワイワイと過ごせただけで、
今日はいい思い出の日になったと思っています。

人は、期待していたことが満たされないと不満を感じがちです。

ですが、それは勿体ない選択であり、それこそ損をしているのです。

期待通りではなかったとしても、その与えられた環境の中で楽しみを見つけ、
決して不満の感情に支配されないことです。

これは人生を楽しむため、そして自分自身を成長させるためにも、
ぜひ身に付けてほしいマインドだと思っています。

期待に反するから楽しまない、期待に反するから学ぼうとしないでは、
本当に勿体無い時間とお金を使うことになってしまうのです。

正直、今回のぶどう狩りは自分自身のワクワクしていた期待を
満たすものではありませんでした。

ですが、それに支配されず、気持ちを切り替えて家族との貴重な時間を
違った視点で楽しむと決めたのです。

大事なことは、今どうするかを選択することです。

期待外れだったとしても、それは過去の自分が立てた未来予想図と
違っただけであり、今を不満で過ごさないといけないわけではないのです。

不満は予想や期待が生み出す頭の中だけの一方的な感情です。

ですから不満にに支配されそうになったときは、
過去の自分の判断に囚われていると自分を冷静に見つめ直し、
今どうするべきか考えるようにすることです。

過去に囚われず、今を楽しむ。

これが上手になると、人生が楽しくなってきます。



著書の紹介

俺とオレ ~さよなら大嫌いな自分~

自分をよく見せたくてつま先立ちで歩き続ける。そんな日常を送ることに限界がきた俺は、胡散臭い男の紹介で「おばあちゃん」と暮らしはじめる。これまで抑圧してきた自分の内面と向き合い、導き出された答えとは……。仕事も恋も上手くいかない23歳の新社会人を変えた一夏の田舎暮らし。

おすすめポイント:人の目ばかり気になる……。人間関係に疲れた……。自分なんて、大嫌いだ……。そんなつま先立ちの人生から解放されるようになります。
http://amzn.to/2FPl2eN

診断テストの紹介

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり

自己分析診断テスト「ポテクト」で強み・弱みを徹底分析! 無料版あり


この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長Twitter:@susaba360
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。

Comments

comments